うつ病とアルコール依存の関係について

うつ病とアルコール依存の関係とは


なぜ、最近うつ病うつ病と頻繁に聞く時代となってしまったのか・・・。もっと理由を追求しましょう。そして、出来る限りうつ病患者の少ない健全な世界が作られるといいですよね。

アルコール依存症とうつ病の関係


アルコール依存症の人たちがうつ病になってしまうという話しも最近頻繁に聞くようになりました。果たしてそれは事実なのでしょうか。実際に、アルコール依存症の人たちがうつ病を合併させるケースはとても多いのが事実です。うつ病は自殺を招く病であり、自殺をする人たちは、直前まで飲酒をしていたというケースのもとても多く見られます。アルコールがうつ病を引き起こす原因か、うつ病の人たちがアルコールを飲むから、よけいにうつ病をひどくするのかはっきりとしたことは現在判っている訳ではありません。

うつ病の人たちがアルコールに逃れてしまうのか・・・


しかし、結果、うつ病の人たちがアルコール依存症であるという多くの事実があります。それは、うつ病が死に至る病であり、まわりの人たちからも理解されることがない為に、アルコールに逃れたい気持ちが高まってしまうゆえかもしれません。

アルコールは、緊張を和らげるためにとても効果的なのは誰でも知っていることです。しかし短期的には、落ち着き感に満たされることに成功出来ても、長期的にアルコールを飲み続けることによって、絶望、孤独感を感じることになります。これが、うつ病を誘発するだろうと言うことも

言われています。そして、そのようなうつ病の患者さんが、再び自己の苦しみから逃れたいために、アルコールにしっかりしがみついてしまうのです。やはり、うつ病の患者さんには、アルコールしか救われる道を見つけることが出来ないのかもしれません。そのような人たちは、アルコールに効果が段々と期待出来なくなれば、更に量を増やすなどしてしまうことになります。どんどんドツボにはまってしまうのも、うつ病とアルコール依存症の関係なのです。うつ病にかかっているみなさんに、アルコール逃れは、その場しのぎの手段に過ぎないことを知っていただきたいと思います。