うつ病と不眠症の関係について

うつ病になると不眠症にもなる?


なかなかうつ病でない人たちに、うつ病が何かという問題は、捉えきれない部分もあります。うつ病の人たちは、不眠症なのです。

うつ病の人たちは不眠症?


うつ病の人たちは頑張らないで気楽な感じで過ごしていただきたい訳ですが、眠ることが出来ないで、夜中までピリピリしているようではなかなか治るうつ病も治りません。頑張って寝るぞ!という姿勢で、心地よい睡眠など訪れるはずありませんし。そして、注意していただきたいのは、うつ病でない人たちで、不眠症の傾向がある人たちは、その不眠症の症状によって、うつ病にかかる可能性があると言うことです。
うつ病患者の不眠のパターンは、 夜にゆっくりと眠ることができない熟眠障害、 そしてもっと朝まで寝ていたいのに目が覚めてしまう早期覚醒です。

うつ病にならないために不眠症にならない


うつ病にならない為に、不眠症にならないモチベーションがとても大事です。みなさんに、眠れないのなら、眠れなくても大丈夫と思わないでいただきたいのです。不眠症でとても苦しんでいる多くの人たちがいる訳ですし、みなさんも重度の不眠症になり、結果うつ病にもかかる可能性があります。不眠症にならない為に、毎日毎日、夜寝て、朝目を覚ますという規則正しい生活を送るようにしてください。そして、朝、しっかり太陽の光を浴びてセロトニンを作りだしてください。私達は、この現代社会において、夜中中パソコン、携帯電話などに明け暮れている生活をしている人たちがとても多いのです。そしてみなさんにリズムのある生活をしていただきたいのです。朝、30分程度、太陽の光を浴びてウォーキングなどはとても不眠症の為に効果的方法です。私は、うつ病になる程、性格がクヨクヨしていない・・・。その思いは間違いです。その不規則な生活が、みなさんは、不眠症へ、うつ病へと導いてしまうのです。うつ病はセロトニン、 ノルアドレナリンの減少によって起こる病気なのです。減少させない為に今からスタートしなければならない対策があります。

PS.不眠症とうつ病を治す方法については、以下のサイトを参照ください。

http://fuminsho-naosu.com/