うつ病の完治について

うつ病に完治はない?


うつ病とは随分苦しい病気と聞きます。うつ病にかかり、まわりの人たちは、ただサボっているだけと思うのかもしれません。

うつ病は周囲になかなか理解されない・・・


周りの人たちに、この苦しみがなかなか理解されないことがよけいうつ病をひどくして行ってしまうことにます。まず、多くの人たちにうつ病がなんなのか、しっかり理解してもらうことが大事です。気分が憂鬱になることって、誰でもあるのではないでしょうか。だから、うつ病なんて、誰でもかかり、誰でもすぐに回避出来るものと理解する人たちもいます。でも、やっぱりうつ病と、みなさんが頻繁に体験する憂鬱とは違うものだったのです。

うつ病の原因はストレス?


うつ病になる原因は、 ストレスにより起こります。それは、精神的ストレスも含まれているので、憂鬱がきっかけでうつ病を招くと言うのもあり得る話しです。そして、ストレスが神経伝達物質の活動を鈍くすると言われています。セロトニンと大きく関わるものがうつ病だったのです。セロトニンは、ノルアドレナリンと、ドーパミンが暴走することをしっかり制御してくれます。セロトニンが豊富にある体内が、うつ病のない健康な身体を作りだしてくれます。果たして、うつ病って一度なったら完治しないものなのでしょうか。随分、うつ病に苦しみ続けている人たちの話しも聞きますが・・・。いえ、うつ病は完治出来る病気です。そのためにも家族のみなさんもうつ病という病気がなんたるかを知り、協力する姿勢も求められていいます。うつ病は治る病気です。しかし、うつ病を理解しないまま正しい治療の方法が取られていなかったのも今までの現実です。うつ病は、抗うつ剤から?セロトニンを増やす方法から?どちらがみなさんに向いているとここでははっきりと言いきることは出来ませんが、うつ病を、怠け癖と判断して、乗り切ろうと一生懸命頑張ったりすることなく、うつ病の可能性を認めて医師にもしっかり向きあっていただきたいと思います。うつ病でない思いこみがよけいひどくさせてしまうのです。