日光浴とうつ病の関係について

日光浴がうつ病に効くのはなぜ?


兎に角、みなさんにうつ病にならないために、セロトニンという物質を意識していただきたいと思います。セロトニンが増加することによって、私達はうつ病を回避出来てしまうのです。

セロトニンを増やす方法は


そして、セロトニンを増やす方法は、太陽の光を浴びると言うこともとても大事なことです。セロトニンは、太陽の下、そして、朝作られるのです。だから、みなさんも、太陽と一緒に早起きをして、しっかり太陽の光を浴びるように努力をしてください。そんなことは果たして訳ないことなのではないでしょうか。いえ、現代社会の人たちには、とても難しい問題かもしれません。

現代社会の人たちはうつ病になるリスクを抱えている


現代社会の人たちは、夜更かしをする人たちがとても多くいらっしゃる筈です。夜遅くまで、パソコンや、スマートフォン・・・、それがそもそもうつ病になる原因かもしれません。私は、それ程、内向的ではない・・・しかし、みなさんの生活習慣がうつ病要因を紡ぎ出しています。そして、さんさんは降り注ぐ照明の下でずっと過ごしているから、太陽の力は借りる必要はない・・・と思っている人たちも多いようですが、実際にそれも正解ではありません。やっぱり、太陽の下で戯れると言うことが大事なのです。曇りの日でも、全然、セロトニンを作るために有効的だと言うことをご存じでしょうか。このようなことを考えると、みなさんの生活習慣って、本当にセロトニンを作るために有効的ではないと言うことが判る筈です。今、みなさんの生活習慣に見直しが必要なのです。うつ病になんてなる筈はない・・・、そのように考える人たちが簡単にうつ病になってしまう現実を、もう少し深刻に考える時です。さあ、うつ病防止のために、セロトニンを増加させてください。朝、太陽に向かってください。そして、出来れば、運動によってリズムを作っていただきたいと思います。朝、太陽、そして、リズム、それが、私達の生活で一番うつ病を寄せ付けない方法だったのです。太陽には、曇りでも5,000lxという力があります。