リズム運動とうつ病の関係について

リズム運動がうつ病に効くのはなぜ?


うつ病を克服したい、うつ病にならないように努力をしたい・・・、そのために、運動が効果的であることをご存じでしょうか。

うつ病にならない為に運動する


うつ病対策に、セロトニンを増やすモチベーションをみなさんに持っていただきたいと思います。セロトニンを増やすことがうつ病に効果的方法です。セロトニンを増やすためにと朝、太陽の下で活発に運動をしていただきたいと思います。そもそも、部屋の暗い場所で閉じこもって、私達は、なかなか気分爽快になることは不可能と思うものです。外へ向かうモチベーションが大事なのです。今日は曇りだから、外に行かないでもさんさんと輝く照明の下にいれば大丈夫と言う人たちもいます。しかし、決してそれは正しくありません。やっぱり曇りであっても、外へ向かうことが、うつ病にかからないための対策です。

太陽の下ウォーキング


さあ、太陽の下、特に朝日の下で、心地よい運動をしてください。運動運動と言う訳ですが、運動の中のリズムに重視していただきたいのです。このリズムがセロトニン増加を目指してくれます。リズムによって、セロトニンを分泌する神経を活発化させてくれます。ちょっとだけ、短い時間、そのようなリズムを作っても、セロトニンには有効的ではありません。最低、みなさんは日々、15分程度は、一定のリズムを運動によって作っていただきたいのです。すると、セロトニンは、約20分あたりより作られるようになって来ます。ウォーキングなどの方法であまり無理しないで、続ける運動を行ってください。そして、吐く吐く、吸う吸うというリズムをしっかり覚えてください。セロトニンは、時間、光り、リズムで増加するということをみなさんに知っていただきたいと思います。そして、セロトニン増加によって、うつ病は予防できてしまうのです。辛い思いで長く実行出来る筈はありません。楽しく、楽しく、ウォーキングと向きあっていただきたいと思います。外へ向かうモチベーション、それがうつ病に大事なことです。