抗うつ薬の作用について

抗うつ薬はどのように作用する?


うつ病になってしまった・・・。結局、そのような場合、頼るものは、抗うつ剤と言うことになってしまうのでしょうか。

抗うつ剤とはどのようなものか


確かに、その方法は抗うつ剤なのかもしれませんが、みなさんは、抗うつ剤のことをしっかり理解していらっしゃるでしょうか。うつ病のために、抗うつ剤が何をしてくれるのか・・・、 私達が現在知っているうつ病の薬と言えば、 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と言われるものと、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と言われるものと、 三環系抗うつ薬(TCA)、 四環系抗うつ薬、 トリアゾロピリジン系抗うつ薬(SARI)などなどです。その中でもSSRI、SNRIは、結構多くの人たちが知っている抗うつ剤です。

SSRIとSNRI


うつ病を回避するためにセロトニンという名を覚えていただきたいと思います。セロトニンとは、脳内の物質であり、それは、シナプスの間を流れています。そして、そのシナプスという隙間より、いろいろな情報伝達を行っているのです。シナプス前部から、シナプス後部へと、シナプス後部には、レセプターがあり、情報は取り込まれ、そして、取り込まれることのなかった脳内物質は、トランスポーターに再吸収されて行きます。これら抗うつ剤は、トランスポーター再吸収を阻止する物質です。SSRIは、セロトニン、そして、SNRIは、セロトニンまたはノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。うつ病がなんたるかを、みなさんに知っていただきたいと思います。うつ病は、気持ちの病気なのかもしれませんが、その気持ちとは間違いなく神経によって作られているものだったのです。この神経物質を増やすということがうつ病を改善する方法だったのです。うつ病は、ちょっと怠けているようにも見えます。何くそ、この程度で負けてなるものか・・・というモチベーションが、尚更、うつ病をひどくさせて行ってしまうのです。うつ病を治すのなら、頑張らないで、しっかり抗うつ剤に依存してください。

尚、抗うつ薬に頼ることなくうつ病を治す方法については以下のサイトを参照ください。

うつ病を治す方法 - 抗うつ薬に頼らなくてもうつ病は必ず治る!